珈琲旅行記 〜至極の一杯を求めて〜

現役スタバ店員が、ただただ毎日珈琲を抽出し飲み続ける珈琲日記です。

本日の1杯 (2021/1/24)

こんにちは、Hobby(ホビー)です。

今日は朝から雨。偏頭痛持ちの私は朝からずっと頭がガンガン。

そんな最悪の体調の中、とりあえず大学の課題を午前中に片付けました。(えらいぞ自分!!

午後の勉強に入る前にササッと今日の珈琲抽出しちゃいます。

 

今日はアイスコーヒーにする予定でしたが、姉が「カフェラテ」が飲みたいとのこと。

しょうがなく濃いめに抽出してカフェラテにしてやるか。

ところでこのよく耳にするカフェラテカフェオレと何が違うのか説明できますか?

 

カフェオレ?カフェラテ? 何が違うの?

と疑問に思っている方もいると思いますので説明していきますね。

 

まず姉が注文してきた「カフェラテ」から。

  • カフェラテとは、簡単に言うと「エスプレッソ+ミルク」。

エスプレッソとは専用のマシンで高圧力をかけ、30秒ほどの短時間で抽出された珈琲のこと。めっっっちゃ苦い。

 

次に「カフェオレ」。

  • カフェオレとは、「ドリップコーヒー+ミルク」。

ドリップコーヒーは皆さんがいつも飲む、いわゆる普通の珈琲という認識でOK。

 

カフェラテとカフェオレの違い分かりましたか?

違いが分かった方は、同時に冒頭部分の文章が間違っていることに気付くはずです。

姉の「カフェラテがほしい」という発言。自宅にはエスプレッソマシンがありません。

 

そう。カフェラテなんて作れっこないんです。

正しくは「カフェオレ」または「カフェミスト」と注文するべき。

スターバックスで働いてる時は間違えないように注意していますが、家でなんて正直どっちでもいいです。黙って「カフェオレ作っていきます」。

 

【本日の1杯】

通常のドリップコーヒーの製作手順と大きくは変わりませんが、ミルクで割るので少し濃いめに抽出した方が美味しいカフェオレが作れると思います。

最初はいつも通り豆の用意から。今日は最近毎日お世話になっているスターバックスコモドドラゴンブレンドです。

f:id:nzwn_dais:20210124144827j:plain

①豆を用意

次に分量を量り、ペーパーフィルター用にゴリゴリ。

今日は450ml抽出する予定なのでたくさん挽きます。現在使用しているコーヒーミルがアウトドア用で小さい為、写真の様な感じに(笑)こんなに山盛りに入れても2回に分けないと挽けません。新しいコーヒーミル欲しい!!出来れば電動!!

f:id:nzwn_dais:20210124144839j:plain

②豆をグラインド

挽き終わりました。しかし手が疲れた。やっぱり電動ミル買おう。

ケトルを用意し、抽出開始です。

蒸らしの時間を少し長くしてみたり、お湯をゆっくり投入したりして抽出時間を稼ぎます。こうすることによって味が良く出て、エスプレッソの風味に多少近寄るかな?(個人の意見)

こうやって自分好みに調節できるとこがハンドドリップの最大の魅力です。

f:id:nzwn_dais:20210124144801j:plain

③ゆっくり抽出

定量に達したら抽出終了です。

ちょっと味見してみました。んー、苦い。

エスプレッソの風味には程遠いですが、かなり濃いめに抽出できました。

ここにミルクを注いで完成です。割合はお好みですが、今回は1:1で。

f:id:nzwn_dais:20210124144750j:plain

④完成

意外と珈琲の苦みとミルクの甘みが丁度良いバランスで出来上がりました。

 

ところで、スターバックスでは店舗で使用している物と同じ味のフレーバーシロップが売っているのは知っていましたか?

そのシロップを購入して今日作ったカフェオレなんかに入れたらさらに楽しめると思います。オンラインショップでも購入できるので是非!

私は社割を使いたいので何か欲しい時は絶対店頭に買いに行きます。(笑)

 

それでは、今日はこの辺で。Hobby(ホビー)でした。